ロニテンとはミノキシジル内服薬

ロニテンは、ミノキシジルが主成分の内服薬(飲むタイプ)です。

体の中に直接成分が入るということもあってダイレクトに効果が出やすいと言われています。

5mgと10mgがありますが、どちらにするかはその人の頭髪状況によって決まります。ただ、10mgは2つに割って5mg分を服用するといったことができるので、自分自身使い勝手のよい方を選ぶようにしましょう。

ロゲインという塗布タイプのミノキシジルと比べても効果は高いと言われますが、その分副作用の危険性も高いので、どのような副作用が起こりうるのかあらかじめ知っておきましょう。

ロニテンの副作用

  • 体毛まで濃くなってしまう
  • 頭皮のかゆみを伴う
  • 頭皮がかぶれる

体毛が濃くない副作用は服用タイプのミノキシジルを使用する場合仕方のないことのようですが、かゆみやかぶれなどの症状が出たら、すみやかに服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

AGA治療を行う多くの人がロニテンなどの服用タイプのミノキシジルとプロペシアを併用しています。

ロニテンの入手方法

ロニテンは病院で処方してもらいます。ロニテンを扱っていない病院でも、AGA専門病院のほとんどが、ミノキシジル内服薬の取扱いはあると思います。薬局やネット通販などで購入することはできません。

病院以外で入手する方法としては、個人輸入で海外から入手する方法があります。病院で処方してもらうよりも安価に入手できると言うメリットがありますが、副作用等何か問題が起きた際にすべて自己責任となってしまうので、あまりオススメできません。

実際に個人輸入でロニテンを入手している人は、ある程度治療年数の経ったベテランの方が多いようです。個人輸入を行う場合は、個人輸入代行業者に頼むのが一般的です。どうしても個人輸入で入手したい場合は、偽物や粗悪品をリスクを避けるために実績のある個人輸入代行業者を選ぶようにしましょう。

ロニテン個人輸入の老舗オオサカ堂

AGA

▲ トップへ戻る