AGAの治療方法は?

AGA

育毛剤や育毛シャンプーなど、薄毛改善のための方法は色々ありますけど、AGA(男性型脱毛症)の改善は病院での治療が一番効果的です。

一般病院の皮膚科などでも治療を受けることができますが、AGA専門病院、もしくは薄毛専門外来がある病院でのでの治療をオススメします。

AGA治療専門病院での治療内容

内服薬の服用

AGA治療薬を服用することによってAGAの原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」が毛母細胞に影響を与える働きを抑制したり、頭部の血行促進、成長ホルモンの分泌を促し発毛を促進させるなど、オフェンス・ディフェンス両方を行うAGA治療の核となる治療です。

AGA治療の内服薬は医師の処方か個人輸入によって手に入れるしか入手方法はありませんが、副作用の心配があるなど服用が難しい薬でもあるので、なるべく医師の処方の下服用するようにしましょう。

効果が出るまでにある程度の期間(約6ヶ月以上)が必要です。

外用薬の塗布

薬を頭部に直接塗布することによって、血管を拡張させたり毛髪生成に必要な栄養素を直接頭皮に塗りこむ治療方法です。

頭皮の直接塗布するということもあって内服薬よりも効果があるように思えますが、実際は内服薬の方が効果的で内服薬の補助的な役割で使うことが多いようです。

内・外薬治療オススメ病院

HARG療法などのメソセラピー治療

注射器などを使い気になる薄毛箇所に直接成長因子を注入する治療方法です。

直接注入するので効果の出が早く治療後わりとすぐに効果を実感できるようです。受けなければいけない回数が薄毛の状況によって異なり、1回の施術が高額なのであらかじめトータル費用を医師と相談するようにしましょう。

メソセラピーによるAGA治療

植毛

ある程度薄毛が進行した人向けの外科手術治療です。

残存している毛髪を毛根ごと採取し薄毛部分へと移植していきます。現在最も確実に生える治療方法と言われていますが、外科手術なので施術者の技術が重要です。近年、ロボットによる植毛なども登場し、施術のクオリティーが高くなっているようです。

日本初のロボット植毛

どの治療方法が効果的かはその人の薄毛具合によるので何とも言えません。診察やカウンセリングで医師と相談して決めるようにしましょう。

いくつかの治療方法を組み合わせる人が多く、その方がより高い効果が出るようです。

AGA

▲ トップへ戻る