AGAの原因となりやすい人

AGAの1番大きな原因は「男性ホルモン」と言われています。男性なら誰でも持っている男性ホルモン、わずかながら女性にも存在する男性ホルモンがAGAの原因ということは世の男性全員がAGAなのかというと実際はそうではありませんよね。すべての男性ホルモンが悪いわけではなく抜け毛を誘発する特別な男性ホルモンの影響を受けやすい体質かどうかによってAGAになるかどうかが分かれるようです。

AGAの原因は男性ホルモンだけど男性ホルモンが毛母細胞に影響を与える感度が高いかどうかが重要ということなので、

正しくは遺伝要素と男性ホルモンが原因

ということになります。

AGA遺伝情報を自宅で検査

ジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因

男性ホルモン「テストステロン」には体毛を濃くしたり男性らしい肉体や精神を形成するのに重要な働きがありますが、頭部に存在する5α(アルファ)リダクターゼという酵素はテストステロンを、より活性が高く強力なジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる男性ホルモンにに変化させてしまいます。

このジヒドロテストステロン(DHT)が毛母細胞に影響を与える直接的な抜け毛を促進する成分と言われています。

体毛が濃いなど男性ホルモンが豊富な人は薄毛になりやすいといった都市伝説がありますが、半分当たりで半分ハズレです。男性ホルモンが豊富で体毛が濃くてもフサフサの人は沢山います。逆に体毛が薄くても薄毛の人だっています。

男性ホルモンの量が原因ではなく、男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の影響を受けやすい体質かどうかで、AGAになりやすい人かどうかが決まります。

AGAの原因かもしれない後天的要素

ストレス

AGAに限らずストレスが原因の一過性の薄毛なども存在し、髪だけでなく健康面にも悪影響を及ぼすといわれています。

ストレスによって血行が悪くなったり、寝不足になったりすると健康な髪の毛が育ちにくい頭髪環境になり、AGAを促進する可能性は十分に考えられます。

抜け毛に悩んでストレスを抱え、より抜け毛が増加、それによってさらににストレスが溜まってしまう…そういった悪循環が生じないよう気をつけましょう。

生活習慣の乱れ

食生活、睡眠時間といった「生活習慣」もAGAの原因の一つになっている可能性があります。

日本人は睡眠時間が短いので有名ですし、栄養バランスの良いものを食べ適度な運動も行うといった健康的な食生活を送っている人はごくわずかです。

AGAの原因は男性ホルモンによるものだけだと思って油断していると、生活習慣、食生活、ストレスなど直接毛髪に関係なさそうな部分が大きな影響を与えている可能性があるかもしれないので注意が必要です

AGAになりやすい人はどんな人

AGAの原因は男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」ですが、DHTの影響を受けやすいという体質という遺伝性の要素が大きい薄毛です。

つまり、AGAになりやすい人というのはAGA(男性型脱毛症)の遺伝要素を持っている人と言えます。

自分がAGAの遺伝子を持っているかの検査は病院での検査や自宅での簡易キット検査などで行うことができますが、遺伝体質であっても薄毛にならない人もいたりするので先天的な要因プラス後天的な要素もあるのではないかと言われています。しかしながらその辺の因果関係はまだはっきり解明されておりません。

AGA遺伝子を持っている可能性がある人は早めの治療が絶対!

薄くなってきた…、抜け毛が増えたきた…、と薄毛に対する悩みを抱き始める人も、最初から病院に行こうとは思わないものです。

しかし、その抜け毛の原因がAGA由来のものだった場合、遅かれ早かれ病院で治療を受けなければ、薄毛が進行していくだけです。先に述べたように、

AGAによる薄毛は遺伝要素が原因の薄毛なので、生活習慣や食生活、頭皮環境などを改善しても、徐々に進行していきます。進行のスピードを遅くするなどの改善はできるかもしれませんが、何もしなければ徐々に進行していきます。

現在のところ、AGAによる薄毛は病院で薬を服用する以外に進行を止める手段はありません。病院でフィナステリドを服用することでAGAによって乱れたヘアサイクルを元に戻す必要があるのです。

ある程度進行してから治療するのと、進行前に治療するのでは、改善の度合いが変わってきます。毛髪には寿命があるからです。生え変わりの寿命が終わってしまった毛根からはどんなに治療しても毛は生えてきません。そうなったら植毛するか、未来の毛髪再生療法を待つしかありません。

進行前と進行後では、改善するまでにかかる時間も違います。もちろん進行している薄毛の方が時間がかかります。時間がかかるということはそれだけ治療費もかかるということです。

最近は抜け毛が酷くなってきた予防の段階で、AGA治療薬を服用している人が増えています。実際AGA専門病院に行けばわかりますが、全然薄くない人がかなり多いことに驚きます。毛根の寿命がたっぷり残っているうちに治療して、毛根の寿命をしっかり延ばすことが一番賢い薄毛治療です。

気になる人は前もってフィナステリド治療だけでも行うようにしましょう。フィナステリドなら病院に通っても5,000〜7,000円/月くらいです。あとあともっと高額な治療をしないと改善しないレベルになったらそれこそ大変です。AGAの可能性がある人は、早めの対応を心がけるようにしてください。

AGA遺伝情報を自宅で検査

迷ったら病院での無料カウンセリング

AGA

▲ トップへ戻る